自転車に関する情報が満載!

自転車にも防犯は必要。

自転車は本当に便利な物です。
金額もそんなに高くないですし、一度買ったら長く使えますし、ちょっと移動するにはとても便利な乗り物です。
都会となれば、自転車があれば移動はもの凄く便利です。
利用する人も本当に沢山利用していて、台数も沢山あります。
そんな便利な乗り物ですが、誰もが手軽に乗れてしまうとも言えます。
最近の世の中では、鍵の付いていない自転車などはすぐに、盗難にあったりします。
誰もが簡単に、移動するのが便利な乗り物ですので、鍵がついていなければすぐ乗って行かれてしまいます。
手軽で便利な乗り物ですが、そんな乗り物だからこそ、もっと防犯意識を高めるべきだと思います。
誰もが簡単に乗れて便利だと思われているものが、鍵などついていなかったら、取られてしまいます。
乗っていても、周りの方からには盗難したものだとは思われもしませんし、疑われ声をかけられることも少ないでしょう。
そんな乗り物だからこそ盗難意識を持って大事にしていきましょう。

効果の高い自転車の防犯対策グッズ

自転車は、車やバイクに比べて、最も盗難されやすい乗り物といえるでしょう。
そのため、しっかりと防犯対策をとることが大切となります。
では、自転車の防犯対策としてどのような方法があるかというと、最も効果の高いのが、チェーンやU字ロックでしょう。
盗難する人は、鍵がかかっていない自転車から盗むことがほとんどなので、ロックしておくことで、盗難のターゲットから外される確率が高まります。
さらにセキュリティを強固にする方法としては、防犯ブザーがあります。
揺らしたり動かしたりすると、大きな音でブザーが鳴るので、無理やり鍵を壊される心配もありません。
その他の面白い方法としては、ステッカーがあります。
「GPS搭載」、「アラーム搭載」などと書かれたステッカーを目立つところに貼っておくだけで、効果てき面です。
また、鳥の糞の形状をしたステッカーもあり、サドルに貼っておくと見た目が汚いので、盗難者の意気を萎えさせることが出来るでしょう。

Last update:2017/4/10