自転車に関する情報が満載!

自転車のパンクをなるべく減らしたくはありませんか?

自転車は普段から乗られることが多いのではないでしょうか。
利用方法としては通勤、通学やショッピングなど様々ありますが日頃からメンテナンスはしっかりされていますか。
街中を走る自転車を見ていると空気が抜けているものが非常に多いです。
そのような状態ではパンクを起こす可能性が非常に高くなります。
そこで月に一回は空気圧を確認し、親指で少し強くタイヤを押してほんの少しへこむ程度まで空気を入れましょう。
空気を入れるとパンクの予防になるだけでなく、ペダルが軽くなり、乗り心地も格段に良くなります。
次にチューブを見てみると穴が開いているわけではなく実は虫ゴムの劣化が原因だったということはありませんか。
虫ゴムは1年に1回は交換しましょう。
最後にチューブにも寿命はあります。
タイヤの内側と常に擦りあっているため、2、3年乗るとチューブが偏摩擦を起こしチューブの厚さが均等ではなくなりパンクを引き起こす可能性が高くなります。
こちらも2、3年ごとに点検で自転車屋に見てもらい必要であれば交換しましょう。
こうした気配りで予防がしっかりとできますよ。

自転車のパンクの原因や予防の心得について

自転車は長く乗り続けるとタイヤが劣化し、僅かな傷でもパンクしてしまうことがあります。
一度パンクして傷が生じるとタイヤ全体の強度が低下してしまうので、修理を行っても再び空気が抜けてしまうケースもあるので注意が必要です。
また、尖った異物がタイヤの内部に入り込むと内側から傷が生じてしまうこともあるので、タイヤの空気が抜けた状態での乗車は避けます。
自転車のパンクを防ぐためには日頃から丁寧に扱うことが大切です。
自転車は外部からの衝撃に弱く、未舗装の道路の走行や風雨に晒されることで車体が歪んでしまうことがあります。
特にタイヤホイールは車体と乗車する人の体重がかかる場所なので歪みなどのトラブルが生じやすく、タイヤも傷みやすい傾向があります。
トラブルが生じている状態で使用を続けると重大な事故を引き起こす可能性があることから、定期的に点検を行って状態を確認する他、極端に古い車体は新品と交換することが安全に乗り続けるための心得です。

check

最終更新日:2017/4/10